×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

アタック25の長寿クイズ番組

アタック25といえば児玉清のアタックチャンスを思い出しますよね。最近では博多華丸がものまねをして大ブレークしていますが、
今では長寿番組になっています・もともと1975年4月6日から始まりました。アタック25のルールとしては赤・緑・白・青の4つの色の
解答者が、たて5×よこ5の正方形のパネルをオセロゲームの要領でパネルの枚数を競うクイズ番組です。
読み上げ問題では、解答者がボタンを押したところで読み上げが止まる。
早押し問題に正解すると、正方形パネルを1つ選ぶことができ、パネルをを自分の色にすることができます。間違ってお手つきの場合は、児玉清がブザーを押し、次からの2問の問題は答えることができません。
アタック25は、単にクイズの正解数を競うのではなくて、いかにクイズの多くを回答し、獲得したパネルでの枚数を競うので、運も必要になってきます。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

アタック25の名物のアタックチャンス

アタックチャンスといえばアタック25の名物ですね。
アタックチャンスとは残りのパネルが5枚になったところで『アタックチャンス』の問題となります。アタック25の司会者、児玉清はパネルの残りが7枚前後になってくるとこのような解説が入ります。「まもなくアタックチャンスに入る可能性あり。お立ちにならないでいきましょう」誤答をしてしまうとアタックチャンスの解答権がなくなるからである。
アタックチャンスで正解した解答者は、パネルを獲得するだけでなく、色が変わっているパネルを1枚だけ「黄色」にして無効にする(消す)ことが出来る。そのパネルを次の問題を解答者がパネルをとることができる。その際、アタック25の名物の児玉清の「アタックチャンス」コールが出てきます。アタック25の名物の児玉清の「アタックチャンス」コールはチャンス中で正解者が出るまでコールします。その際、児玉清はこの黄色のパネルを「アタックチャンスの狙い目」と叫んでいます。

アタック25の名物 フィルムクイズ

フィルムクイズはアタック25の名物です。アタックチャンスと同じぐらい有名です。
パネル獲得が一番多い人がトップ賞になりフィルムクイズに挑戦することができます。
このアタック25の名物のフィルムクイズは海外旅行の獲得を賭けたクイズです。どのようなクイズかというと獲得したパネルの盤上にVTR映像やフィルム映像が流れ、ある人物、国、都市、半島、島、川、日本の年号、西暦年、文学作品などを当てるクイズになっています。
児玉清が「今日はある○○をお当ていただきます。」というセリフとともに、ジャンルが発表されます。アタック25のトップ賞獲得者が取ったパネルがだけ見えるようになり、児玉清が「ある○○、フィルム(VTR)スタート!!」といったところで一旦CMに入ります。
CM明けに旅行の紹介フィルム(VTR)を放送した後、もう一度「ある○○、VTRスタート!!」から再生
映像終了後、児玉清は「その○○とは?」ときかれ、5秒以内で正解を解答すると、児玉清が「結構!」「正解!」「その通り!」と大絶叫喜びます。

スポンサード リンク

Copyright © 2008 アタック25とはどんなクイズ番組